※検索できない場合は、トップページから検索してください。

「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

 

  1. ホーム の中の
  2. チームAURORA(アウローラ)の活動
  3. パラリンピック
  4. の中のソチオリンピック選手たちに送りたい言葉

[ ここから本文 ]

2014年2月21日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ソチオリンピック選手たちに送りたい言葉

2014年2月21日(金)  [荒井秀樹]

ソチオリンピックをテレビで応援していて、選手たちに送りたい言葉があった。
それは、パラリンピック日本選手団の結団式、団長の荒木雅信先生の言葉だった。
荒木先生にはトリノからクロカンチームのメンタルコーチをお願いしている。怪我が続き、本番に不安がっていた小林深雪選手を蘇らせ、見事、金メダルを取ることができた。
ソチ本番に向けても、メンタルトレーニングを積んでいる。

[写真]結団式前の打合せ中の荒木雅信先生
(結団式前の打合せ中の荒木先生)

荒木先生は、結団式の挨拶で、
「目標はゴールですが、目標設定はスタートです。設定しただけで満足しないで、それを達成するために、選手団の一人一人が、今、何をしなければいけないか考えて行動しましょう。」と語り、

「レースは、ライバルとの戦いであると同時に、自然環境との戦い、自分との戦いです。決して、良いコンディションの中でのレースばかりではないと思います。」

「レース前に心臓の高鳴りを経験したら、その高鳴りをレースに有害なものと思わず、高鳴りをそのままにして、状況を受け入れてください。これを、仏教では『静慮(せいりょ)』といいます。

スポーツ選手は、身体的にも心理的にも極限の状態で戦う、挑戦することは、当たり前のことです。
代表選手20名全員がそれぞれの目標が達成できるように、ベストを尽くして欲しいと思います。」と私たちに語ってくれました。

全てを受け入れる心、「静虜」。
15日、クロカン&バイアスロンチームはイタリアへ第1陣が出発しました。
さあ、頑張ろう!!

みんなの「いいね!」でソチを目指そうキャンペーン

関連記事荒木雅信先生のメンタルトレーニングメンタルトレーニング

パラリンピック監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

秀樹
いよいよだね~
ソチのパラリンピックが素晴らしい大会であること事祈ってるよ!
青山

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.