※検索できない場合は、トップページから検索してください。

「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

 

  1. ホーム の中の
  2. チームAURORA(アウローラ)の活動
  3. ワールドカップ
  4. の中の今シーズンの決意

[ ここから本文 ]

2015年1月 7日(水) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

今シーズンの決意

2015年1月 7日(水)  [新田佳浩]

新年あけましておめでとうございます。

皆さん、お正月はどのように過ごされたでしょうか?

ブログの更新がかなり空いてしまったので、これまでのことを少し・・・

10月、11月は海外遠征、12月からはワールドカップでした。

ただ、ワールドカップ前に少しハプニングがありました。

それは、踵の腱鞘炎による腫れが出てしまったことです。

「靴を履いても痛い・・・」「スキーもできない・・・」

できることは、トレーニングジムに行ってエアロバイクで汗を流すことくらい・・・

本番までほとんどスキーに乗らない状況でのレース。

今までと違うやり方で不安もありましたが、レースに臨んでみると意外に良い感覚で滑ることができる。

ただ、やはり最後は若手に押し切られた形にはなってしまいましたが、ワールドカップ初戦を4位で終えることができました

そのあとは、韓国でFIS(International Ski Federation:国際スキー連盟)大会への出場。

2レースを戦って、成果と課題を洗い出して、次のレースに備えるために年末年始の合宿を行うのが恒例だったのですが、2レースの代償は大きく・・・

踵の腱鞘炎による腫れがここまで大きくなってしまいました。

[写真]新田佳浩の踵の腫れ
(踵の腫れ)

年末年始の合宿は、スキーに乗ることができず、チームメイトが滑るのをただただ羨ましく思いました。

でも、こればかりは仕方ないことです。

もともとの原因を作ってしまったのは、痛みを我慢して悪化させてしまった自分自身の責任。

こんなときは、気持ちを切り替えるしかありません。

まずは腫れを抑えること。そして原因となった靴を調整すること。

最後に今できるトレーニングで最善を尽くすこと。

そして、旭川で行われるワールドカップで表彰台に立つこと。

それが、私の今シーズンの決意です。

まず【耐】ということから始まりそうです。

[写真]新田佳浩の滑走
(滑走シーン)

関連記事 [写真]新田佳浩【インタビュー&現場体験レポート
第5回 新田佳浩選手】
ジムトレーニングの秘訣を学ぶ

原点回帰上がり調子を感じた菅平合宿体力測定 最大酸素摂取量の結果から

ワールドカップ関連記事【速報】クロスカントリー・ミドルで新田佳浩、阿部友里香が4位!クロスカントリー・ミドルで4位になった新田佳浩と大平紀夫ヘッドコーチのコメント

トレーニングワールドカップ大会日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.