※検索できない場合は、トップページから検索してください。

「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

 

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. トレーニング
  4. の中のGallium様にご挨拶とゴールデンウィーク

[ ここから本文 ]

2019年5月 9日(木) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

Gallium様にご挨拶とゴールデンウィーク

2019年5月 9日(木)  [新田佳浩]

皆様、ゴールデンウィークはいかがでしたでしょうか?
私は、4月末にお世話になっているGallium様にシーズン終了のご報告と来シーズンに向けての打ち合わせに行ってきました。
Gallium様はWaxだけでなく、様々な取り組みを行っており、選手が睡眠の質を計測できる機械も取り扱っています。
特に最近は疲労を取り除く一つとして睡眠が注目されてきているだけに非常に興味深い機械でした。


[写真]Gallium様にご挨拶
(Gallium様にご挨拶)


ゴールデンウィークの前半は子供と静岡県でキャンプに行ってきました。
2泊3日と短い期間でしたが、子供たちはテント生活にカヤックやBBQなど普段できない経験ができたようで楽しんでいました。


そして後半は長野県茅野市で過ごしました。
そろそろ本格的に身体を動かさないとまずいと思い、一人で蓼科山に登ってきました。
今回のルートは竜源橋から天祥寺原経由で蓼科山というルートに行ってきました。
登山道入り口は雪もなかったのですが、30分ほど歩くと徐々に雪が見えてきました。


[写真]蓼科山に登る新田佳浩選手


平坦な場所もあり気にせず登っていたのですが、日差しの当たっている場所などは雪が柔らかい場所があり何度も膝上まで埋まってしまいました。
それでも場所を選びながら順調に進んでいったのですが、蓼科山頂ヒュッテから山頂のルートが非常に急な雪原でした。
登山経験者の方ならこんな時は、ピッケルとアイゼンを駆使して登頂するのですが、私はそのような道具を持ち合わせていないため、トレランシューズのみで登頂。
途中、様々な人から「そんな靴で大丈夫?」とか「それで登って行けるなんてすごいね」などと声を掛けられながら、1時間30分で登りました。


[写真]山頂の様子


[写真]山頂の様子
(山頂の様子)


山頂は八ヶ岳連峰や北アルプスなどいろいろな山が見られました。
私は景色をゆっくり楽しむより早く昼食を食べに帰りたいということですぐに下山しました。


翌日はまた別の山に登り、こどもの日には自転車のイベントに参加したりとアクティブなゴールデンウィークを過ごしました。


関連記事
青森合宿の様子
トレイルランニング大会に初出場
原点回帰

トレーニングリフレッシュ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.