※検索できない場合は、トップページから検索してください。

「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

 

  1. ホーム の中の
  2. チームAURORA(アウローラ)の活動
  3. ワールドカップ
  4. の中のワールドカップ クロスカントリー・スプリント・クラシカルで4位入賞の川除選手、長濱監督のコメント

[ ここから本文 ]

2021年12月 8日(水) [アウローラ]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ワールドカップ クロスカントリー・スプリント・クラシカルで4位入賞の川除選手、長濱監督のコメント

2021年12月 8日(水)  [アウローラ]

国際パラノルディックスキー(WPNS)主催のワールドカップ(W杯)第1戦、大会3日目のクロスカントリー・スプリント・クラシカルが行われ、4位に入賞した川除大輝選手と長濱一年監督のコメントをご紹介します。

■談話
▼川除大輝 選手

今回のレースでは、運良く決勝に進むことができました。ファイナルでは自分らしい滑りができ、4位入賞という結果を残すことが出来たと思います。ただ、表彰台まで一歩という悔しさが残りますので、引き続き頑張りたいと思います。
応援ありがとうございました。

▼長濱一年 監督
カナダ大会クロスカントリー競技最終日の今日はスプリント種目が行われた。日本は男女立位の部、男子視覚の部、男子座位の部に合わせて9名でレースに挑んだ。
日本最高順位は男子立位の部スプリントクラシカル種目に出場した川除の4位であった。川除は予選からリズム良くレースを運び予選・セミファイナルを順当に勝ち抜きファイナルに挑んだが、強豪ロシア勢の一角を崩すことが出来ず惜しくも4位に終わった。しかし、今後につながる手応えを感じ取れるレース内容であった。
また、男子立位の新田、岩本、女子立位の阿部、男子座位の森、以上4名が予選を通過し多くの選手がセミファイナルを経験できたことは我々にとって大きな収穫でもあった。
雪上トレーニングを開始して間もない中でここまで戦えたことで、北京大会に向け幸先のよい開幕戦となった。本大会を通じ、やるべき課題も明確になったことで、早急に分析を進め今後の強化で修正しさらにレベルを高められるよう頑張っていきたい。

(出典元:パラノルディックスキー日本チーム ニュースリリース

関連記事
ワールドカップ クロスカントリー・ミドル・フリーで6位入賞の川除選手、長濱監督のコメント
【速報】ワールドカップ クロスカントリー・ミドル・フリーで川除大輝が6位入賞!
ワールドカップ第1戦カナダ大会を前に、新田、阿部、川除選手、長濱監督のコメントが届きました

クロスカントリースキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.