1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中のカナダ・パラリンピック 登りの練習が必要だとよくわかった大会でした

[ ここから本文 ]

2008年3月24日(月) [太田渉子]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

カナダ・パラリンピック 登りの練習が必要だとよくわかった大会でした

2008年3月24日(月)  [太田渉子]

ウィスラーのコースは、アップダウンが激しく私にとってはとてもキツかったです。
今日も1周目からキツかったのですが、がんばってゴールして優勝することができました。

これが4年に一度のオリンピック/パラリンピックで使用するコースであって、そう簡単なコースではないのだ、ということを肌で感じました。
ワールドカップ最終戦ノルウェー大会のあと、フィンランドに帰ってからかなり激しくトレーニングしてきました。登りがキツく感じられたのは、湖の上で練習してきたこともあったと思います。
でも、実際にパラリンピックのコースを滑ってみて、とくに登りついての練習が必要であることがよくわかりました。これは大きな収穫だと思います。
 

来年はこのコースでパラリンピック・プレ大会が行われるということです。1年間、トレーニングを積み、来年ここでその練習の成果がどのように感じられるかが楽しみです。


▼太田選手のカナダ・パラリンピック成績
18日:5kmクラシカル3位
19日:5kmフリー 3位
21日:スプリント 2位
23日:7.5kmクラシカル 優勝



関連記事
新田佳浩と太田渉子がそろって優勝
新田が3日連続の優勝!太田は2位!全カナダ選手権
ウィスラーでの初レース
オリンピック・パラリンピックコースを滑ってみて・・・


活動のお知らせクロスカントリースキーパラリンピック

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.