1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中の久保恒造選手、ニュージーランド・ワナカへ

[ ここから本文 ]

2008年8月 9日(土) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

久保恒造選手、ニュージーランド・ワナカへ

2008年8月 9日(土)  [荒井秀樹]

ニュージーランド合宿が始まった。
南島のワナカの街から車で1時間の「スノーファーム」だ。
外はマイナス7℃。
猛残暑の日本とは、まったくの別世界で、とても寒いし顔が痛い。


北海道美幌出身の久保恒造も、
朝、外に出ると「うわ~、寒い、寒い・・・」を連発。


[写真]久保選手、冬のニュージーランドへ


さっそく、パウダースノーのコースをみっちり120分持久走した。
最後はシットスキー長距離の世界チャンピオン・クリス選手(米国)に、
「一緒に滑っていいですか?」と聞く久保。
「いいよ」と答えるクリス。
一応、社交辞令?で、
「ゆっくりお願いしますね」と、謙虚な久保。


[写真]クリスと久保選手


しかし、実際に併走して、「力の違いがはっきりとした」と久保。
クリスのテクニックを肌で感じようと必死だ。


[写真]世界王者クリスと 下り


長距離の15kmレースで勝負しようとする久保にとって、ロシアやウクライナ選手らもいるが、
このクリス選手こそ世界チャンピオンだし、久保の目標・ライバルといっていいだろう。


当日の雪コンディションでクラシカルスキー板かスケーティング板を選んだり、ストラクチャーワックスについても熟知しているクリスは、シットも、彼自身が作製した。


学生時代、スノーボードで崖から落ちて脊損の大怪我をしたクリスは、車椅子生活になってから、クロスカントリースキーに魅せられて、全てを独学で学んで取り組んでいる。
スポンサーを探し、企業回りをしながら年間をトレーニングに費やしている。
アメリカでは、彼のようなパラリンピックのプロ選手が沢山いると聞く。


それに対し、日本の選手らのトレーニング環境は、あまりにもかけ離れている。
日本のパラリンピックにおいても、プロ選手や企業所属選手、実業団チームが必ず誕生してくると確信する。


白銀の世界で、クリスと恒造のトレーニングを見ていると、そんな予感を感じさせる二人だった。


[写真]クリスと併走する久保選手



最近のニュージーランド合宿記事
スピード練習
ニュージーランドの練習
大自然の雄大さ
我が師匠と共に
金メダルを夢見て

シットスキー合宿日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

トレースさんへ
お便りありがとうございます。
成田空港で久保君から、お会いしたことを聞きました。
日本チームには知的障害選手も一緒に活動しており、スペシャルオリンピックス大会の成功をお祈りしています。
これからも、久保君や日立システムスキー部、パラリンピックチームの応援をよろしくお願いします。

Shokoへ
カナダのライバル、ジョディ選手がカナダチームとしてニュージーに来ています。かなりの走り込みをしています。昨シーズン、カナダで負けた悔しさを忘れないで、練習に励んでください。

コメント

久保さん

ニュージーランド出発の成田エクスプレスでお隣に座ったトーレスです。

雪国に着いたんですね〜。

世界の強豪とのトレーニングでますます力を付けられるのでしょう。がんばってください。応援しています。パラリンピックで久保さんが金メダルを手にするところを見に、バンクーバーまで行きますよ。夫も久保さんにお会いできるのを楽しみにしています。

アイダホでのトレーニングが実現されると良いですね。それでは!


コメント

ニュージー合宿お疲れ様です!!一面の銀世界・・・きれい!わたしも行きたかったな~。寒さならVUOKATTIも負けていない(日中13度)ので、時差と移動の疲労回復したら皆に負けないよういっぱい走ります!

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.