1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のチーム一体となって完成させたグリップワックス

[ ここから本文 ]

2014年1月 9日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

チーム一体となって完成させたグリップワックス

2014年1月 9日(木)  [荒井秀樹]

ワールドカップ・フィンランド大会初戦のクラシカルレース10kmに出場した新田佳浩は、中盤の5km地点で3位まで追い上げをみせたが、惜しくも5位となった。


ライバルのイルカ選手(フィンランド)と最後まで接戦を演じ、前回のカナダ大会より、良い状態になってきている。
後は、ドイツ大会でのクラシカルレースで、どこまで追い込んで行けるかが課題だ。


[写真]クラシカルレース10kmに出場した新田佳浩
(クラシカルレース10kmに出場した新田佳浩)


今日の5位には、とても大きな価値がある。
その一つは、ワックスチームと選手、コーチが一体になってグリップワックスを完成させたこと。
長いダラ上りでは、ロシア、ウクライナやカナダ選手がスリップしている中で、グライドさせながらキックをできていたのは日本チームの選手だった。
この力が新田選手を3位まで上げることができた。
残り2kmでエネルギー切れになってしまい順位を落としたが、手ごたえを感じている。


[写真]7位の太田渉子選手。もっと大きく左腕をふれ!と檄を飛ばす
(7位の太田渉子選手。もっと大きく左腕をふれ!と檄を飛ばす)


シットスキー10kmの久保恒造は10位だった。このレースでは、今までの旧型のシットスキーをテストしてみたが、平地などで差を付けられている。
登りでは、トップと互角か、ほぼ同タイム。
明日は、新型シットスキーで臨む予定。
ソチ本番に向けて、ワックスや用具など、万全な態勢を作り上げていきたい。


今日出場した代表選手5名とジュニア選手2名は、持てる力を出しきったレースだったと思う。
明日はバイアスロン競技へも繋がるフリーテクニックのレースなので、チーム一丸となって臨みたい。


また、タイムチェックを担当している大平ヘッドコーチも、だいぶ慣れてきた。
勝呂スタッフと2名体制でタイムチェックできれば、正確な情報を走っている選手たちに伝えることができるだろう。


みんなの「いいね!」でソチを目指そうキャンペーン


関連記事
最適のワックスを見つけ出す
スキーワックスの難しさ
ワックステストの方法
スキー用具の規制について

クロスカントリースキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

F2-Sさん
いつも応援ありがとうございます!
ジュニアスキークラブの阿部友里香が好調です!
フィンランド大会、ドイツ大会頑張ります。

コメント

明けましておめでとう御座います。
極寒の中、ワールドカップ第2戦頑張ってますね。
これからソチパラリンピックに向け、追い込みと思いますので御身体に留意し精進して下さい。
少し寒い東京の地より応援しています。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.