※検索できない場合は、トップページから検索してください。

「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

 

  1. ホーム の中の
  2. チームAURORA(アウローラ)の活動
  3. 監督日記
  4. の中の仮想ロシアに挑んだタイムトライアル

[ ここから本文 ]

2009年10月 8日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

仮想ロシアに挑んだタイムトライアル

2009年10月 8日(木)  [荒井秀樹]

ロシアチームがバイアスロン、5kmクラシカルのタイムトライアルを行った。
日本から佐藤圭一選手(中電CTI)がオープン参加したので、ロシアチームのタイムを計測することができたし、それに、ロシアからリザルトをもらうこともできた。
「圭ちゃん、ありがとう!!」
そして数日後、我々もスキートンネルで、予定通り5kmタイムトライアルを行った。
昨年も同じ時期にタイムトライアルを実施しており、
昨年との比較、そして何よりも、ロシア選手との比較分析ができる。

[写真]タイムトライアル中の長田弘幸
(昨年より40秒短縮した長田弘幸)

長田弘幸は、昨年5km19'06"で、1km3'49"だった。
今回は、18'23"で、1km3'40"のタイムで、大きく更新している。
しかし、長田弘幸の目標であるセルゲイ選手は、今回1km3'24"で16秒差。
これからのトレーニングで、この差を縮めていきたい。


久保恒造は、昨年16'29"で、1km3'18"だ。
そして今回、15'17"、1km3'03"。
1分以上短縮した。
ロシアのキセレフに5km10秒勝つこともできた。
久保恒造は、まだまだ発展途上で、筋力トレーニング担当の岡野憲一コーチからも、
12月一杯まで、筋トレを強化しパワーをつけていく方針だ。
ロシアのイレクローマンとも5kmを14分前半で走る。
長田弘幸、久保恒造、これからが勝負だ!

タイムトライアル関連記事5キロタイムトライアルカナダ、アメリカチームとタイムレース

ロシアチーム・選手関連記事ロシアに勝つためにシットスキー男子総合1位のイレク選手と滑るシットスキー滑り込みをロシアの選手と

クロスカントリースキートレーニングバイアスロン監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.