※検索できない場合は、トップページから検索してください。

「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

 

  1. ホーム の中の
  2. [ノルディックスキー競技]
  3. クロスカントリースキー
  4. の中のサーリセルカのクロスカントリーコース

[ ここから本文 ]

2015年12月 9日(水) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

サーリセルカのクロスカントリーコース

2015年12月 9日(水)  [荒井秀樹]

長野パラリンピックの頃に小林深雪、新田佳浩などの選手たちと来たことのあるサーリセルカ。
懐かしいを通り越して、ほとんど記憶にありません。
もう20年近くになるので、当然かもしれませんが...。

[写真]トナカイの親子
(国立公園内にいるトナカイの親子)

[写真]温度計
(気温、雪温が分かります)

コースを回ってみました。いい汗をかきましたが、日曜日とあって多くの家族連れやご夫婦、仲間たちがクロスカントリースキーを楽しんでいました。
こちらの方々は、自然の中を歩くことやクロスカントリースキーをすることが大好き。
日本では見かけない光景ですね。

[写真]クロスカントリーコース スタート付近
(クロスカントリーコース スタート付近)

[写真]サーリセルカのシンボルブリッジ
(サーリセルカのシンボルブリッジ)

[写真]コースのブリッジ
(コースのブリッジ)

ホテルには、ロシアとスイスのナショナルチームが来ており、ワックスチームのテストを行っているとのことでした。
サウナでは、ロシアのトレーラーの運転手さんと仲良くなりました。
この運転手さんはエストニアの方でした。
どの国も、ワックスキャビンのトレーラーが当たり前になってきたようです。
日本はまだですが...頑張らないとダメですね。

[写真]ロシアのワックストレーラー
(ロシアのワックストレーラー)

[写真]スイスのワックストレーラー
(スイスのワックストレーラー)

関連記事クロスカントリースキーとは?トナカイ肉料理チームAURORAスキー部シーズン到来!

ワックス 関連記事ワックスやストラクチャーを意識した旭川合宿、旭川市の皆さんからの激励最適のワックスを見つけ出すワックステストの方法スキーワックスの難しさ


パラリンピック冬季種目

クロスカントリースキーフィンランドワックス合宿日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.