※検索できない場合は、トップページから検索してください。

「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

 

  1. ホーム の中の
  2. チームAURORA(アウローラ)の活動
  3. ワールドカップ
  4. の中のバイアスロンリレー

[ ここから本文 ]

2016年12月13日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

バイアスロンリレー

2016年12月13日(火)  [荒井秀樹]

ワールドカップ フィンランド大会期間中に、バイアスロンのリレーである、2人1組のチームスプリントが行われました。
以前から、日本などバイアスロンに取り組む国から、開催を要望していました。

パラクロスカントリースキーのリレーと言えば、オープンリレーとミックスリレーがあります。
リレーは2.5kmコースを4周して争います。
走者は2人から4人で編成し、1人で2回走ってもOKです。
また、異なった障害クラスや男女混合のチーム編成でも良く、1チームの4走者の障害クラスのハンデ(%)の合計が、ミックスリレーでは330%以下、オープンリレーでは370%以下と決められています。

[写真]シットスキーとブラインドの選手が一緒に走るリレー
(リレーはシットスキーとブラインドの選手が一緒に走ることもある)

近い将来、このパラクロスカントリースキーリレーが、1レースになり、バイアスロンリレーが追加されるでしょう。
その場合、多くの国がエントリーできるようにするには、2人で行うチームスプリントが有力です。
今回は、シットスキーに12%、女性選手に20%のハンデを与えて行いました。
日本からは、高村・佐藤チームと出来島・星澤チームが出場しました。

何回か検証し、より分かりやすく、公平で、勝敗がエキサイティングな展開になるように、工夫していきたいと思います。

▼ バイアスロン 関連記事独自のタイムランチャー22口径ライフルのテスト射撃の大切さ

▼ ワールドカップ フィンランド大会関連記事阿部友里香がワールドカップ初優勝!【速報】ワールドカップ第1戦初日 阿部友里香が金メダル!

▼ 関連特集 [イラスト]荒井秀樹監督荒井監督のパラリンピック競技ノルディックスキー講座


2016-2017 スキー部のシーズン予定と結果

バイアスロンワールドカップ監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.