「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中のソチパラリンピックのコース

[ ここから本文 ]

2012年10月 4日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ソチパラリンピックのコース

2012年10月 4日(木)  [荒井秀樹]

ソチのプレパラリンピックに向けたテクニカルディレクターのセミナーで、IPCのコースプロフィールについて議論しました。
GPSや測量機器を使って行う方法など説明があり、ピーターさんが個人的に持っている測量機器を紹介してくれました。
ソチパラリンピックで使用するコースは、スタジアムの標高が1470mと、かなり高地です。高所に順化するトレーニングも重要な対策になると思います。


[写真]測量機器をのぞくギヨルギーさん
(測量機器をのぞくGeorgy(ギヨルギー)さん)


[写真]クロスカントリースキーコース
(クロスカントリースキーコース)


3月に行われるプレ大会ではロングレースがありますが、パラ用の5kmコースが完成していません。ほぼ同じコースの4kmコースを使用するのではないかと副委員長のレン氏から報告がありましたので、お願いして、コースプロフィール・マップの写真を撮らせてもらいました。
「新田に見せるためか?」と、聞かれ「もちろん!」と答えました。


[写真]コースプロフィール・マップ
(プレ大会のロングクラシカルは、このコースが使われる可能性大。)


【インタビュー&現場体験レポート 荒井監督が語る選手たち】
Q. 久保恒造選手はどのような選手ですか?
Q. 太田渡子選手の技術的な強みはどのような点ですか?
Q. 阿部選手との出会いを聞かせて下さい。
Q. 長田選手に期待することを聞かせてください!
Q. 新田選手の強みはどのような点ですか?


関連記事
目標とモチベーション プレパラリンピックに向けて
ソチパラリンピックまで1000日を切って
ソチパラリンピック対策ミーティングと国立スポーツ科学センターの見学
パラリンピックとは
パラリンピックの歴史

パラリンピック監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.