1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の新田佳浩の決意

[ ここから本文 ]

2016年3月23日(水) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

新田佳浩の決意

2016年3月23日(水)  [荒井秀樹]

IPCワールドカップボッカティ大会のスプリントクラシカル、予選からスタッフ全員が緊張していた。
新田が4位、阿部が5位、出来島が11位で準決勝へ駒を進めた。
予選では、藤田善也コーチが全選手の映像、動作解析のビデオ撮影を完了させ、貴重なデータも入手できた。


準決勝では、1位で決勝へ駒を進めた新田、得意のクラシカルで強さをみせた阿部も決勝へ。
二人に表彰台のチャンスが巡って来た。


[写真]準決勝はトップでゴールした新田佳浩
(準決勝はトップでゴール)


[写真]準決勝の阿部友里香
(準決勝の阿部友里香)


決勝では阿部が粘るも僅差の6位、新田は、逃げ切って3位に食らいついた。
ソチの覇者ルーシャン(ロシア)や銀メダリストのイルカ(フィンランド)に勝てたことは大きい。
男女とも、この決勝のメンバー6人が、ピョンチャンでも激闘を繰り広げるだろう。


[写真]決勝でレッドビブのルーシャンに競り勝つ新田佳浩
(決勝でレッドビブのルーシャンに競り勝つ)


[写真]優勝者オクレサンドラと競り合う阿部友里香
(優勝者オクレサンドラと競り合う阿部友里香)


レース中盤、トップに出た新田だったが、ブラディスラフ(ロシア)、グレゴリー(ウクライナ)にやられた。
ゴール後、悔しい僅差の3位の新田だったがゴールした選手たちと握手を交わし健闘を称えていた。
そこには、ピョンチャンへの決意がある。
日本チームの選手全員で新田と阿部を応援してくれた。
うれしい表彰式だった。


[写真]新田佳浩選手と長濱一年コーチ
(長濱コーチと記念撮影。夏場のきついトレーニングは嘘をつかない)


ワールドカップフィンランド大会 関連記事
クラシカル・スプリントで銅メダルを獲得した新田選手、長濱コーチ、荒井監督のコメント
いよいよ開幕のワールドカップ最終戦 フィンランド大会を前に、新田選手、阿部選手、荒井監督、長濱コーチのコメント
決して諦めるな


関連記事
ワールドカップとは
クロスカントリースキーとは?


パラリンピック冬季種目

2015-2016 スキー部のシーズン予定と結果

クロスカントリースキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

新田選手おめでとう!ピョンチャンに向け精進して下さい。
荒井監督には、くれぐれもお体ご自愛下さい。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.