※検索できない場合は、トップページから検索してください。

「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

 

  1. ホーム の中の
  2. チームAURORA(アウローラ)の活動
  3. パラリンピック
  4. の中の2018ピョンチャンパラリンピックコース視察

[ ここから本文 ]

2016年2月 9日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

2018ピョンチャンパラリンピックコース視察

2016年2月 9日(火)  [荒井秀樹]

1月30日はバイアスロンの公式トレーニングで、ゼロイング(照準合わせ)、ライフルチェック、メタルターゲットでの射撃を行いました。

[写真]バイアスロンの公式トレーニング
(バイアスロン公式トレーニング)

IPCアジアカップ期間中のレースのない日を利用して、IPCのレンさんよりパラリンピックコースの説明があり、ミーティングを開催。
実際のシットスキーコースを回ったり、ワックステスト、ワックスキャビンの位置なども視察しました。

[写真]パラリンピックコースの説明をするIPCのレンさん
(2018ピョンチャンパラリンピックのコース計画の説明を受けました)

[写真]2018ピョンチャンパラリンピックコースマップ
(コースマップ)

[写真]2018ピョンチャンパラリンピックコースと写真
(コースと写真)

[写真]シットスキーのコース
(シットスキーコースを視察しました)

そして、1月31日早朝にクロスカントリースキーチームは帰国しました。
川除選手は全国中学校スキー大会へ、星澤選手はインターハイへ。
新田選手、高村選手、藤田ガイド、岩本選手も帰国しました。
時差のない韓国で、「海外遠征から帰国」のようなイメージがありません。
日本にとって、とても有利です。

[写真]帰国するクロスカントリースキーチーム
(クロカンチームは帰国)

ピョンチャンパラリンピック 関連記事ピョンチャンパラリンピック クロスカントリースキーコース予想JISSの利用が実現 ピョンチャンパラリンピックに向けての強化へさらなる力にリオデジャネイロパラリンピック、ピョンチャンパラリンピックへ向けて

IPCアジアカップ 関連記事IPC 障害者ノルディックスキーアジアカップ、1日目スプリント・クラシカル課題と進歩を感じた韓国ピョンチャンでのアジアカップアジアカップ韓国大会


パラリンピック冬季種目

2015-2016 スキー部のシーズン予定と結果

トレーニングバイアスロンパラリンピック大会日記監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.