※検索できない場合は、トップページから検索してください。

「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

 

  1. ホーム の中の
  2. チームAURORA(アウローラ)の活動
  3. トレーニング
  4. の中の体力測定からみえた現状と今後の目標

[ ここから本文 ]

2012年5月23日(水) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

体力測定からみえた現状と今後の目標

2012年5月23日(水)  [新田佳浩]

横浜市スポーツ医科学センターで、体力測定を受けました。

形態計測では、特に大きな変化はないものの、無酸素性能力、有酸素性能力の数値は大幅に数値を落としてしまいました。

トレーニングを始めたばかりだったので、ある程度予想していましたが自分自身ショックだったことが2つありました。

まずは、肩伸展筋群の低下です。

肘を伸ばした状態で後背筋を使って押し下げる動作を行うので、ダブルポールなどで使う筋群です。

毎回この数値は体重比で2倍以上でしたが、今年は体重比で1.8倍・・・

年齢的な筋力低下なのか、トレーニング不足なのかわかりませんが、落ち込み率が例年になく高かったことがショックでした。

そしてもう1つが、追い込みきれない感覚です。

自分の中では、肉体的にも苦しくないのに力が出し切れない。苦しい中でもしっかり追い込みきれない。

ただ、結果で見ると最大酸素摂取量の測定で乳酸値が10ミリモル以上で、自分が考えているより乳酸値が高かったので、ある程度は追い込むことができているのかもしれませんが・・・

自分自身の感覚と実際の数値にズレがあるということがショックでした。

まずは、筋力的な数値をバンクーバーシーズンの数値まで引き上げること。そして夏場にしっかりトレーニングができる身体作りがここ数ヶ月の目標です。

関連記事目標とモチベーション プレパラリンピックに向けてギックリ腰とモチベーション収穫あった!スキーセミナー by ロビン・マッキーバー目標設定と目標値

体力測定関連記事スポーツ版人間ドック太田渉子、水中体重計で測定体力測定での変化体力測定。数字化することの大切さ

スポーツトレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.