※検索できない場合は、トップページから検索してください。

「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

 

  1. ホーム の中の
  2. チームAURORA(アウローラ)の活動
  3. パラリンピック
  4. の中のパラリンピック選手対象 JISS(国立スポーツ科学センター)フィットネスチェック合宿

[ ここから本文 ]

2015年6月 3日(水) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

パラリンピック選手対象 JISS(国立スポーツ科学センター)フィットネスチェック合宿

2015年6月 3日(水)  [荒井秀樹]

先日、パラリンピック選手を対象にした総合的な体力測定、クロスカントリースキーに必要な筋力等の測定が2泊3日で行われました。
長濱コーチとJISS(国立スポーツ科学センター)の皆様のご尽力で実現しました。これからもトライアル的に実施していくとのこと。

[写真]石毛先生からフィットネスチェックの説明
(石毛先生から説明を受けました)

JISSの石毛先生から測定の意義等の説明がありました。
パラリンピックの全競技の中で、クロスカントリースキーチームが最初の体力測定だったそうで、「まずは、自分の身体を知ることが大事」とのことでした。

ピョンチャンパラリンピックをめざすうえで、「毎年同じことを繰り返していても勝てない」と、JISSを最大限に活用したセンターポール作戦を遂行したいと決意を新たにしました。

[写真]宿泊棟入口
(宿泊棟)

[写真]部屋のデスク
(部屋のデスク)

[写真]浴室
(浴室)

[写真]シングルルーム
(シングルルーム)

[写真]室内にある低酸素のスイッチ
(室内にある低酸素のスイッチ)

[写真]「低酸素運転中」のランプが点灯

パラリンピック選手対象
  JISSフィットネスチェック合宿 関連記事
JISSの利用が実現 ピョンチャンパラリンピックに向けての強化へさらなる力にJISS(国立スポーツ科学センター) ハイパフォーマンス・ジムでのトレーニング講習

関連記事リオデジャネイロパラリンピック、ピョンチャンパラリンピックへ向けて体力測定 最大酸素摂取量の結果から文部科学省のマルチサポート事業に選ばれました

クロスカントリースキーパラリンピック監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.