1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中の今こそ”力”をつける時

[ ここから本文 ]

2008年9月21日(日) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

今こそ”力”をつける時

2008年9月21日(日)  [荒井秀樹]

スキートンネルで走りこみを続ける久保選手は、
心拍140~150前後のベーシックな持久走を90分、120分を行っていく。
このベーシックな練習が持久力を強くする。


[写真]久保選手
(インターバルを激走する久保)


今日は、ベーストレーニングにスピード練習を加えた。
トンネルの登りコースを10本インターバルを最後に入れる。


マイナス7℃のトンネル。
人工的に作った寒さは、本当に冷える。
手でブレーキをかけるため、グローブは濡れて凍ってきた。
手袋を換えても指先の感覚がない。
僕は、自分の手袋を差し出したが、久保は断った。


もてる力を出し切り、もっと強固なパワーをつけないと世界では勝てない。
最後までタイムを落とさず、走りきった久保は、
思わず天を仰いで声がでた。


[写真]久保選手


いよいよシーズン前になり、
カナダチーム、ロシアチームがボッカティに到着し、
早速スキートンネルでスキー練習を開始していた。
もう戦いは始まっている。


[写真]カナダチーム
(カナダチーム)


[写真]ロシアチーム
(ロシアチーム)


そして、午後は射撃練習とピッケ(車椅子に乗りスキーポールで進む)トレーニングだ。


フィンランドのローラースキーもできる歩行者専用道路は広くて安全だ。
隣町のソトカモまでのローラースキーコースをピッケで進む。


ピッケとは、ノルウェーなどで取り入れられているシットスキーの夏トレーニング方法だ。
10年以上も前、長田がノルウェーに渡り、ハラール選手に練習方法などを教わって、 初めて、日本に広めてくれた。長田に感謝だ。


[写真]ピッケをする久保選手
(ピッケ)


[写真]久保選手
(スキーポールの突く位置と角度が大切です)


一見単調な練習だが、実に奥が深い。
雪の上を滑走する自分を置き換えながら走る久保。


バンクーバーまでの道のりは、まだ遠い。



フィンランド合宿関連記事
フィンランド合宿最終日
男の料理 初めてのカレーライス
美幌の釣り師、フィンランドで収穫ゼロ・・
パラリンピック界のスナイパー
シットスキーの滑走テスト開始

合宿日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.